自己紹介(相場塾の誕生と神髄)

自己紹介(相場塾の誕生と神髄)


皆様 初めまして。
引き寄せ相場 講師のclover225と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。


■1999年
私は(当時25才) 新たな世界への希望を胸に株式投資を始めました。
若さと血気盛んな性格の赴くままに逆張り → ナンピンを繰り返した結果
壊滅的な負けを何度も食らうことになりました。
今思えば当然の結果でした(汗

その後 日経225先物 → FXへと戦場を変えていきましたが
最終的に逆張り → ナンピン癖が仇となり
ここでも惨敗という結果に終わりました。
これも当然の結果です(汗汗

恥ずかしながら
初心者であれば誰もが経験する?逆張り→ナンピンによって大負けする
コツ・コツ・ドカーンから抜け出せない状態が私の出発点でした。


富士山 初日の出


日経225先物はテクニカル分析においてノイズの幅が比較的少ないこと
銘柄選びの手間も省けることから堅実な戦略が組みやすい
と判断して日経225先物で再起をはかることを決意いたしました。


しかし、頑張って勉強すればするほど値動きに翻弄され
資金を失い続けていく辛い日々
が続きました。

失敗の連続から逆張りに対するトラウマを抱え
今度は大きく下げている中での売りを仕掛けてリバウンドで大きく負ける
という新たな負けパターン(突っ込み売り)を携えて
更にボロ負け街道をまっしぐらに突き進んでいきました。

膨大な資金と時間を費やして、どのような形で負けていくのか
どんな精神状態になっていくのか、数々のパターンでの遠回り・・・
そのような経験をやり尽くしていったことが逆に
強みになっていく流れになりました。

地べたを這いつくばる思いで
消去法で1つ1つ負けパターンを潰していきました。

・この時間帯は沢山負けてきたのでやらない。
・このチャートパターンでは売りはやらない。
・こうなったら買いは控える・・・売りのチャンスになっている。
・こんな時は完全に相場と距離をおいてストレスを感じないようにする・・・など。


最終的に
数種類に絞り込んだ特定のパターンを特定の時間帯に的を絞っていった結果
資金がプラスになっていくことが分かりました。

調子に乗って負け続ける時は
決まって自分の金銭的な欲求、時間的な都合、感情的な都合
優先して行動していた時でした。

淡々と決まった時間とパターンのみに的を絞って待てるようになるまでに
ほんとうに長い年月がかかりました。


まだ(自分が知らない)必勝パターンががあるんじゃないか?
訓練を積んでいったらどんな時間帯でも稼げるようになるんじゃないか?
時間をかけて一生懸命トレードすれば結果が出るんじゃないか?

そのような(好奇心や希望、情熱が勝ってしまい)様々なチャレンジを
やめることができなかったからです。


(勝ち続けるためには)諦めなければならない値動きや時間帯、チャートパターンがある
という真の気付き【あきらめの境地】に至るまで負け続けました。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shutterstock_1830630995.jpg


■2009年
絶望の淵で掴み取った優位性のある相場背景の選定方法、戦略、手法時間帯
振るいにかけながら検証を重ね
ようやく引き寄せ相場塾のセオリーを確立し、勝ち続ける成果が出始めました

2012年
これまでの経験、知識、戦略をもう一度ブログに整理して
引き寄せ相場塾を開設いたしました。


2015年
従来のブログでの解説、質疑応答(メール、スカイプ)に加えて
動画解説をスタートいたしました。


2020年
MT4(メタトレーダー4)で訓練するための分割売買プログラムを開発し
塾生に向けて環境を整えました。


2021年
現在も塾生の皆さまと共に楽しく
相場塾を運営させて頂いております。

あとがき

私が歩んできた気が遠くなるような試行錯誤・苦難の道を通らずに
最短距離で成功するために必要な知識、戦略のみを重点的に学ぶこと。


このようなアプローチをしていく一方でMT4での訓練用のトレード環境を利用して
★様々な負けパターンを経験して、自身に潜む本質的な原因を追究すること。

この両面からトンネルを掘り進めていくことが
真の最短ルートであり引き寄せ相場塾の神髄です。


資金が増え続ける真のメカニズムを理解し、相場の神髄を極めて頂くこと。


これが引き寄せ相場塾の目指している成功への道筋です






TOPページに戻る