リバウンド局面における重要ライン

リバウンド局面における重要ライン

リバウンド




1500円以上の大きな下落トレンド後のリバウンド局面は
出た後のチャートにおいては大きな収益チャンスのように見えます。

しかし
チャートの一番右端でトレードする我々は
残念ながら反発するところをピンポイントで当て続けることはできません。

これまで
(リバウンドを)当てにいった逆張りの買いで痛い目に遭ったり
リバウンドの流れに乗った買いのポジションを
下振れで不安になって手放してしまったことはないでしょうか?


今回は
ピンポイントで反発を当てに行くことは一旦やめて
チャンスを呼び込むための重要ライン
について解説いたします。

次の60分足チャートをご覧下さい。


























リバウンドを捉えるためにはトレンドラインが有効です。

②の(大陽線)ローソク足が確定し、次のローソク足が出た後で
①の(下落の)トレンドラインを引くことができます。
※ 先にお話したように
ここではピンポイントで当てに行くことはいたしません。


②の後に出たローソク足が(下落の)トレンドラインの上限を上抜いてから
リバウンドの値動きを構えます。

③のローソク足が確定した後に
(上昇の)トレンドラインを引くことが出来ます。

ここで初めて④、⑤の押し目を狙うことが出来るようになります。

最初に反発した27100円付近からは
かなり出遅れたポイントのように感じると思うかもしれませんが
チャートの右端でトレードしなければならない我々は
状況を判断するためのラインが出来てから行動することが
勝ち続けるトレードにつながっていきます。
今後の立ち回り方として参考にして下さい。



当たり前のように見えるトレンドラインですが
チャートの右端でトレードする我々は如何に冷静さを欠いて
勇んだ判断をしがちであるか?

ということが分かって頂けたと思います。


トレードはチャンスではないところで勇んでしまったり
本当のチャンスでは尻込みしてしまうものです。



 

勝ち続けるためには
欲や防衛本能全開のトレードとは根本的に異なる判断と行動が
求められるため

引き寄せ相場塾では
テクニカル、ライン、時間帯を絞り込んで
こうなったらこうする!といった戦略に基づいて
(目先の結果を求めずに)トレードを実行することを推奨しています。




引き寄せ相場塾への質問やご入会につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。




TOPページに戻る