下落トレンドでの失敗パターン

下落トレンドでの失敗パターン

下落トレンド



下落トレンドには3種類のパターンがあります。


【A】 じりじりと徐々に下げる「ジリ安局面」
1週間以上かけて下げ続けることがあります。

【B】 1500円以上の大きな値動きが伴った下落トレンド
3~4日ほどしか継続されない傾向があります。

【C】●●ショックなどの有事の際の暴落局面
1日で1000円以上 下落することもあり
1週間で3000円以上の大暴落となったことも
過去には何度も起こっています。


今回は 【B】 1500円以上の大きな値動きが伴った下落トレンド
についての解説になります。

次の60分足チャートをご覧下さい。


①~②の下落は28500円から27000円まで約1500円の下落となっています。
しかし、一気に下落しているかというと図中の赤の矢印青の四角のように
リバウンド保ち合いを挟みながら下落しています。


1⃣【下落局面 売りでの失敗パターン】

図中の赤の矢印青の四角 のところで
長く続いてきた保ち合いの記憶やそれまでの資金減少のプレッシャーから
売りのポジションを小さな利益で手放してしまったり
下落のチャンスに乗ろうとして突っ込み売り → リバウンドでロスカットする
など 繰り返して失敗するパターンがあります。



2⃣下落局面  買いでの失敗パターン】

更に悪いパターンとしては
保ち合い対応として身に付いてしまったフォームである
逆張り → ナンピンの買いを①~②の下落で行って
狼狽したところでロスカットしてしまうことです。

※ 上のチャートでは反発していますが
反発せずに更に1000円以上 下げ続けるパターンが
過去 何度も起こっています。

今回は大丈夫だろう・・・といったトレードを続けていると
遅かれ早かれすべての資金を失うことは
誰にでも想像がつくことなのですが
感情面が大きく作用する相場の世界ではよくある破滅パターンとして
何度も繰り返されています。



更に何度もハマってしまう失敗パターンについて
解説いたします。

次の60分足チャートをご覧下さい。


3⃣【リバウンド局面 売りでの失敗パターン】

・①~②の下落での売りチャンスを逃してしまったり
・少しの利益しか取れずストレスが溜まっている場合
・買い下がって大損してしまった場合などは

次に大きく戻したら再下落を狙った売りで大きく利益を得たい!
とリベンジに息巻いている状況は
次への大負けがセットアップされている可能性があります。

①、②の下落の記憶から
③~⑥のような下落に誘発され もっと下がるだろう!
という期待が高まった突っ込み売りからロスカットを連発します。

しかし、①~②のように1500円以上の下落の後は
⑦のような本格的なリバウンド(上昇トレンド)が起こることがあります。


これは本当によくある負けパターンですので
良く覚えておいて下さい。


4⃣【リバウンド局面 買いでの失敗パターン】

①、②の下落を見送って
⑦の(反発の上昇)リバウンドを買いで取る構えで挑んだトレードでも
様々な心理的な罠が潜んでいます。

③~⑥のような下落を見て
①、②の大きな下落が起こるのではないか?と警戒して
買いのポジションを手放してしまったり
高い所を追いかけて買っていたポジションが⑤のような

深い押し目によってロスカットに追い込まれる・・・



①~②のような下落トレンドや
⑦のようなリバウンド局面においても
様々な負けパターンが存在します。

どうやって勝つか?
という目線でトレードを攻略していくことも大切ですが

自分自身(失敗パターン)のことについて
よく知っておくこと
は、更に大切なことです。



次の 【リバウンド局面における重要ライン】では
3⃣【リバウンド局面 売りでの失敗パターン】
4⃣【リバウンド局面 買いでの失敗パターン】
を回避して利益につなげる方法をお伝えいたします。



引き寄せ相場塾への質問やご入会につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。






TOPページに戻る