日経225先物取引を始める前の基本事項

日経225先物取引を始める前の基本事項

基礎知識


目次

・エントリーとは?
・ロスカット(LC)とは?
・振るい落としとは?
・証券用語での買うこと、売ることの呼び名
・ポジションとは?
・ショートカバーとは?
・踏み上げ相場とは?
・ザラ場とは?
・ナイトセッションとは?
・順張りとは?
・逆張りとは?
・ナンピン(難平)とは?
・日経平均とは?
・日経225先物とは?
・取引コースと証拠金について
・値動きと利益について
・日経225先物の取引時間
・CFD(JPN225)の取引時間
・日経225先物の(取引)期日について
・メジャーSQ清算値とは?
・三角保ち合いとは?







エントリーとは?
買い または 売りのどちらかで「参加する」、「仕掛ける」という意味です。


■ロスカットとは?
ロスカットは顧客の資金を守るために強制的に行う決済のことであるのに対し
​損切りは自らが行う決済方法です。
※ 引き寄せ相場塾でロスカットも損切り(自ら損失を確定、決済すること)も同じ意味として
使用しています。



■振るい落としとは?
大口が作為的に意識されたラインを割り込ませ
一般大衆の買いポジションをロスカットに追い込んだ後に
上値が軽くなった(決済の売りがなくなった)優位性を利用して
意図的に価格を釣り上げること。



■証券用語では買うことをロング売ることをショートと言います。



ポジションとは?
手仕舞い(決済)されず、未決済のまま残っている約定のこと。
「建玉」【たてぎょく】ともいいます。

買いポジション(買い建玉):買ったままで未決済の約定のこと
売りポジション(売り建玉):売ったままで未決済の約定のこと



ショートカバーとは?
売りポジション(ショート)を買い戻す(決済する)ことです。
下落相場でショートカバーがいっせいに入ると、新たなショートカバーが入り
相場が反転上昇(リバウンド)することがあります。



踏み上げ相場とは?
ショートカバーの連鎖が続いて上がっていく相場を
踏み上げ相場と呼びます。



ザラ場とは?
寄り付きと引けの間の時間のこと。


日経225先物において引き寄せ相場塾では
8:45分~15:30分を(株式市場における)ザラ場と呼んでいます。
16:30分~翌朝5:30分ナイトセッションと呼んでいます。


(先頭の)目次へ戻る


順張り(トレンドフォロー)とは?
値動きが上がっている時(上がり始めた時)に買うこと。
抵抗線を上抜けた時に買うこと。

又は

値動きが下がっている時(下がり始めた時)に売ること。
支持線を割り込んだ時に売ること。



■逆張りとは?
値動きが下がっている時に買うこと。
値動きが上がっている時に売ること。



■ナンピン(難平)とは?
ナンピンとは、保有している単価が下がったときに、さらに買い増して平均単価を下げることです。
逆張り → ナンピンは株価が下がったところからリバウンド局面を当てることが出来た場合は
資金を大きく増やすことが(一時的に)可能ですが、突如訪れる暴落相場の中では無防備となり
損失をさらに大きくし1度の負けで破産へとつながる手法となります。

下手なナンピン怪我のもと
逆張り ナンピン 素寒貧
と言われるほど
リスクと難易度が非常に高い手法です。

引き寄せ相場塾では逆張り → ナンピン禁止行為の1つとして挙げています。
保ち合い相場では有効な手段として機能する期間もありますが
基本的に逆張り・ナンピンは大自然のエネルギーを自身の体一つで受け止めようとするのと同じです。

もう1つのデメリット
大きな含み損を抱えた時にロスカットするかどうかの基準が含み損が解消されるかどうか?
ということになり テクニカルにおける明確な基準を見失ってしまう点にあります。
逆張り・ナンピンは感情的かつ自己都合を重視したトレードの入り口となってしまう可能性が
非常に高いのです



(先頭の)目次へ戻る


私がまだトレードを始めたばかりの頃の経験になりますが
知識や明確な見立てや参加基準を必要とする順張りが面倒になり
手っ取り早くエントリーを判断できる(と感じる)逆張り、ナンピンに魂を受け渡したことがありました。

半年~1年間ほどはお金が空から舞い降りるような至福の期間を過ごしましが
資金の崩壊は突如として訪れました・・・
大きな変動によってすべての資金が吹き飛んだのです・・・



















(先頭の)目次へ戻る


日経平均とは?

東証1部に上場する日本の企業の中から業種等のバランスを考慮して選ばれたの225社の平均株価です。
「日経平均株価」「日経225」などと呼ばれることもあります。



日経225先物とは?

日経平均株価(日経225)を対象とした取引です。
※ 日経225先物(ラージ)、日経225miniは大阪証券取引所(大証)で取引されています。



■日経225先物(ラージ)、日経225miniの取引コースと証拠金について

※2021年7月7日時点の岡三オンライン証券では
日経225ミニ通常取引コースでの最低必要証拠金158,400円/枚
往復の手数料88円/枚で取引ができます。

※ アクティブ取引コース(日中取引のみ)では66,000円/枚ですが
大きな値幅が出た時に持ち続けることが出来る通常取引コースを選択して下さい。

※ 必要証拠金は値動きの増減によって変動しています。
証拠金に対して仕掛ける枚数は余裕を持って行って下さい。
50万円であればミニ1枚
100万円であればミニ2~3枚
を目安にして下さい。


日経225先物(ラージ)日経225miniの10倍の証拠金と往復の手数料330円/枚が必要です。


(先頭の)目次へ戻る



■日経225先物(ラージ)、日経225miniの値動きと利益について

日経225mini5円刻みで値が変動しています。
1枚で5円当たりの損益は500円です。(手数料は別途かかります。)


日経225先物(ラージ)10円刻みで値が変動しています。
1枚で10円当たりの損益は10,000円です。(手数料は別途かかります。)

 

 



日経225先物の取引時間について ※ 日本の土日、祭日は休場です。
・ザラ場(8:45分~15:15分)
ナイト(16:30分~翌朝 5:30分)

※ 注意
15:15分~16:30分、5:30分~8:45分は取引できません。


(先頭の)目次へ戻る


CFD(JPN225)の取引時間について ※ 日本の土日、アメリカの祭日は休場です。

TitanFXで取り扱っているCFD(JPN225)
夏時間(3月の第2日曜日~11月の第1日曜日)では平日 7:00~翌日 5:59
                       金曜 7:00~翌日 5:55



冬時間(11月の第1日曜日~3月の第2日曜日)では平日 8:00~翌日 6:59
金曜 8:00~翌日 6:55



日経225先物の(取引)期日について

・3限月(前年の12月第2木曜日16:30分~3月第2木曜日15:15分)が最終取引となります。
・6限月(3月第2木曜日16:30分~6月第2木曜日15:15分)が最終取引となります。
・9限月(6月第2木曜日16:30分~9月第2木曜日15:15分)が最終取引となります。
・12限月(9月第2木曜日16:30分~翌年・3月第2木曜日15:15分)が最終取引となります。

※ 注意
ザラ場引け(3・6・9・12月の第2木曜日15:15分以降)に
最終取引となる限月のポジションがあった場合は強制的に決済されます。


(先頭の)目次へ戻る


メジャーSQ清算値とは?

SQ当該限月の第2金曜日に算出されます。
先物とオプションの両方の精算がある3月,6月,9月,12月の第2金曜日に算出されるものを「メジャーSQ清算値
それ以外の月の第2金曜日に算出されるものを「マイナーSQ清算値」と呼びます。


三角保ち合いとは?
高値が切り下がり、安値が切り上がる三角形の保ち合いを
三角保ち合いと呼びます。




【戦略について】


(先頭の)目次へ戻る


引き寄せ相場塾への質問やご入会につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。




TOPページに戻る