成功されている方の特徴

成功されている方の特徴

習慣

 

 

懸命な努力と継続によって知識や技術を身に付けたとしても
相場を支配しようとしてはいけない・・・
それは破滅への直行便だからである。


相場での継続的な勝利は
支配しようとする立場から身を引いた者から順に

もたらされるものである。
これは紛れもない事実であることを先にお伝えしておきます。





トレードで成功されている方の習慣

①定点観測している時間軸とテクニカルを使っている
②決められた時間帯に限定してトレードを行っている
③定期的に身の回りの整理整頓をする
(PCのデスクトップのアイコンやチャートに引いたラインを定期的に削除するなど)
④社会生活を送る上での常識や感覚はトレードでは通用しないことを理解している
⑤値動きは多数派が負けるように大口が意図的にコントロールしていることを理解している
⑥エントリー後はロスカットと利食いを設定しチャートや損益を視界から遮断する。
※ 見ていると余計なことをするものだということを認める。
⑦想定していた展開とならずロスカットに至ってイライラした時はその日はトレードをやめる
※ イライラした時は余計なことをするものだということを認める。
⑧3連勝以上した場合は次の日はトレードを必ず休む
⑨短期間に大きな利益を得た場合はその週はお休みとする
※ 資金が増えた時、調子に乗った時は余計なことをするものだということを認める。

⑩どちらに動くか分からない50%前後の局面では近づかない・・・
自分のやるべき時が来るまでは徹底的にトレードしない。
⑪想定していた値動き以外には興味がないし、大きな値動きが出たとしても悔しがらない・・・
そもそも関係ないと考えているのでいつも心が平穏に保たれている。


相場で勝ち続けている方々には
相場で勝つための習慣や特殊な思考法が備わっています。

じっくりと期間を割いて待つことが出来て
ここぞ!
というチャンスには気が付いて行動することが出来る。
そのような方々がトレードで成功されています。


自身のトレードの復習や与えられた範囲での学習を几帳面にこなしていく一方で
トレードに関しては あまり大きな期待はしていません。
ここが最も重要な部分になります。



失敗し続ける原因

結果を出すために必死に勉強し
期待と好奇心、時には機会損失の恐怖で頭がいっぱいになり
毎日、毎晩 何度もトレードする・・・


綿密に想定した戦略から偶発的に相場(大口)からおこぼれをもらう
という立場から
苦労して身に付けた知識から連日連夜 完璧な成功を期待を
実力で相場から利益を得ようとする・・・

これは人間であれば至極当然なことですが
経験と知識を身に付けた者が
トレードで失敗し続ける最たる原因となっています。

得られた利益が全て実力であると思い込み
余計なことを数百~数万と繰り返し、窮地に追い込まれた結果
適切な習慣によってのみ資金は増え続ける

という奇跡に辿り着きました。



成功されている方

成功されている方はその日のトレードチャンスを逃したことや
上手くいかなかったトレード結果に対して
執着しないという感性を持っています。

自身の充実感(他の仕事や人間関係、趣味)で心が満たされているため
トレードで嫌な負け方をしても、連敗しても
ストレスやお金への執着心をトレードで埋めようとはしません。

毎日決められた時間帯まで待っていれば
相場は定期的にチャンスを与えてくれることを経験から知っています。



成功するための価値観

トレード < 充実感(他の仕事や人間関係、趣味、勉強)の優先順位が保たれています。

トレードが嫌いという意味ではありません。
トレードの結果と充実感とは切り離して考えているということです。

湧き上がる不安や危険な執着心から距離を置き
トレード < 他の分野での充実感

といったバランス感覚を持つことが成功する上で最も重要な部分です。
絶対に忘れないで下さい。



成功にいたる思考方法

引き寄せ相場塾では
相場で成功するために必要な基本事項と戦略をサポートいたします。

決められた時間帯、決められたチャートパターンで行動していると
相場はときどき【ご褒美】をくれます。

無暗にお金を得ようとしたり執着しないことで
相場は【資金を奪わないという平穏】【安らかな休息】
そして【適切なチャンス】を与えてくれます。


思考と習慣はテクニカルやテクニックよりも遥かに重要である
と断言できるのは
それらをマスターした後に重要な思考法に目覚めたことで
最終的に資金が増え続けるという奇跡が起きたからです。

引き寄せ相場塾は
塾生からの声や私自身の経験から、これを最初に教えて欲しかった・・・
という内容を中心に展開いたします。


成功に向けて
自身がどのように勉強し、どのような考え方を身に付けるべきか?
引き寄せ相場塾の方法論に興味を持っていただけたら嬉しいです。


引き寄せ相場塾への質問やご入会につきましては
こちら↓からお問い合せ下さい。





TOPページに戻る